八ヶ岳だより

オーレン小屋おすすめプラン

小屋番ブログ フラワートレッキング報告 2017.07.03

7月1日(土)2日(日)イベント八ヶ岳自然と森の学校「フラワートレッキング 森から稜線の植生について」を開催しました。今年も沢山の方々のご参加いただきありがとうございます!

フラワートレッキング集合写真.jpg

 

フラワートレッキングスライド講習.jpg

 

 

初日は、雨と強風で桜平登山口からオーレン小屋までしか行けませんでした。

夜は、高山植物のスライド講習会を開催しました。約2時間たっぷり予習、復習が出来きました。

講習会は一般の登山者も交えて、すごい人です。いつのまにか満席状態に…。


 

2日目、硫黄岳山頂、稜線が風速20mと言う事で、コースを変更し、オーレン小屋~赤岩の頭~峰の松目(標高2,568m)に行きました。


峰の松目のコースは、今、密かに人気があるコースです。

その理由は、

1.山頂からの景色はありませんが、少し下の峰の松目望台』からは南八ヶ岳の主稜線を眺める事ができます。特に、赤岳が赤く見えるのがここの魅力ではないでしょうか。

硫黄岳や赤岩の頭からも素晴らしい赤岳がみえますが、角度の違いで、赤く見えません(緑色です)風の影響を受けずに景色が見えるのもここだけです。

・今回も霧が無ければこのような景色が見えました・・・次回是非見に来てください!

峰の松目から見た赤岳3.jpg(写真:左が横岳、真ん中が赤岳、中岳、右が阿弥陀岳)

 

2.実は、あまり知られていませんが、峰の松目にも色々なお花が咲いています』

 樹林帯だけでなく岩稜帯の花も咲いているのが魅力です。

主に山頂付近になりますが、今は、コイワカガミが群生しています。ミツバオウレン、チシマアマナ開花中。ハクサンシャクナゲ(7月中旬)、ウスユキソウ、コバノコゴメグサ、ミヤママンネングサ(7~8月)、ダイモンジソウ(8月頃)等々

峰の松目コイワカガミ.jpg

ミヤママンネングサ.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

 

 (写真:コイワカガミ、ミヤママンネングサとコバノコゴメグサ)

 

3.オーレン小屋~峰の松目鞍部までは、『峰の松目 苔の小道として、様々な苔があります。また赤岩の頭~峰の松目は『タンネの森(針葉樹林の森)』としても知られ、登山道が針葉樹の落ち葉でふっかふっかの道なんです。以前に植物の先生に教えていただきましたが、針葉樹の落ち葉が10cm積もるのに100年かかるそうです。

峰の松目苔の小道1.jpg峰の松目苔の小道4.jpg

峰の松目苔の小道3.jpg峰の松目苔の小道6.jpg

 

4.文学家で登山家である「日本百名山」の深田久弥先生の本の中で、『八ヶ岳の八峰の1つ』として、峰の松目が紹介されています。

 その八峰と称せられるものを挙げれば、西岳、網笠岳、権現岳、赤岳、阿弥陀岳、横岳、硫黄岳、峰ノ松目。※但し、八峰については所説ありです。

新潮文庫「日本百名山」深田久弥 著


5.カモシカが多く生息している『カモシカの森』でもあるんです。

昔15年位前に、峰の松目展望台付近で、体がしっかりして、たくましく、そして穏やかな、カモシカを見た事があります。まるでジブリ映画「もののけ姫」に出てくるシシ神様のような雰囲気です。

小屋周辺は、カモシカのクロちゃん、シロちゃん、カタツノ、福ちゃんなど、親子が何代にも渡り、住みついています。

峰の松目カモシカ.jpg

と、八ヶ岳連峰の中にひっそりとある山ですが、自然豊かな山なんです。


それでは、お待たせしました、今回のフラワートレッキングで見る事が出来た様々なお花をご覧ください。

ウスバスミレ2017.jpgキバナシャクナゲ2017.jpg

クロユリ2017.jpgシャクナゲ2017.jpg

シロバナヘビイチゴ2017.jpgチシマアマナ2017.jpg

2017峰の松目の花.jpgキバナノコマノツメ2017.jpg

サラサドウダン2017.jpgオサバグサ2017.jpg

タケシマラン2017.jpgクリンソウ2017.jpg

等々、上記以外にも沢山の高山植物が咲いていました。

今回は、硫黄岳、横岳へは行けませんでしたが、森の中の様々なお花や苔を見る事ができました。写真に掲載できないような貴重な花もありました。

八ヶ岳はこれからが最盛期を迎えます。今週末から8月中旬にかけて沢山の高山植物を見る事ができます。

是非お出かけください!

ご予約はこちらからどうぞ!

ページ先頭へ