八ヶ岳だより

八ヶ岳だより

八ヶ岳桜平登山口の知って得する週末・連休時の駐車の仕方

近年、桜平登山口が人気の理由は・・・

1.八ヶ岳の中で一番稜線に近く、駐車場無料、駐車台数80台 、オーレン小屋まで約80分。

2.八ヶ岳初心者登山に人気の硫黄岳・天狗岳・根石岳・箕冠山・夏沢峠登山の最短登山口。

オーレン小屋で荷物を軽くしての楽々周遊登山が人気です。(1日目も2日目も身軽な装備)

3.高山植物の宝庫硫黄岳・横岳の最短登山口。オーレン小屋に宿泊して赤岳へ行く人も多い。

 

週末・連休は山だけでなく、駐車場も混雑が予想されます!

知って得する週末・連休の桜平駐車場利用者の為の攻略方法をお教えします!

 

Q 先ず、混雑を避けて駐車するにはどうすれば良いか?

A なるべく早めに駐車場に行く!これしかありません。(山は早出早着が基本)

実際の話、何時から混みだすのかわかりませんが、2014年の参考台数を記載します。

グリーンシーズン:5月GW~11月上旬の駐車場状況

・オンシーズン(6月~10月中旬)の天気が良い週末でAM7時~8時頃には6~7割位の台数

・オフシーズン(上記期間以外)の天気が良い週末でAM7時~8時頃には5割位の台数

・連休時又は開山祭前夜の天気が良い週末(6月・7月・9月・10月)AM7時~8時頃には7~8割位の台数

・天気が良い平日AM7時~8時頃には3割前後(高山植物、紅葉の時期は多いが平日は大分余裕が有り)

早くに行っても、混雑していたよという方には次の事をお教えいたします。

これを知っていると知らないでは大きな開きがある重要な点です。

それは桜平登山口に近づくと、片側縦列で下向きに駐車している車が見えてきます。

この状態を見つけたら先に進まずに、その近くの空き地を探して駐車してください。

下向きに駐車しているのは、桜平駐車場のゲート(登山口)まで行って駐車スペースが無くUターンしてきた車です。

それを知らずにどんどん進んで行くと、どこかでUターンしてきた車とすれ違わないといけません。

ゲートに近づけば近づくほど車が混雑しています。うまくUターン場所まで行っても、またすれ違いの車が来ます。

そして、やっとのことで先ほどの場所まで戻ってきてもその場所が空いている補償はありません。

さらに下に駐車することになるので、駐車スペースを探すだけでも30分以上ロスしてしまいます。

登山なんで、少し歩いても良いという余裕の覚悟で、駐車しやすいスペースを確保するのがベストです!ドライバーの方はその方が安心して登山を楽しむ事ができます。

※無理なスペースに駐車しようと思わないでください。

一見得した気持ちになりますが、それはとてもリスクのある事です。

緊急車両の妨げになる可能性もあります。

また他の車に当て逃げされる可能性もあります。(先週そういう事がありました)

日帰りだから、すでに駐車している車の前に駐車する。(今年、レッカー移動してました)

緊急車両の通行の妨げ、他の車の迷惑になる駐車は避けてください。


ドライバーのみなさんにもう一つアドバスです。

前日は、早めに寝ましょう。途中、休憩を取りましょう。

他にも桜平までの林道についてのアドバイスを

下記に記してあります。参考にしてください。

オーレン小屋Q&A


八ヶ岳登山道情報9/27(日)紅葉が見頃です。

八ヶ岳登山道情報 9月27日(日)

天候・・・晴れ 

朝の気温・・・8.3℃

【季節の変化】

早いもので9月も残りわずか。

小屋周辺では、ダケカンバやナナカマドの紅葉が見頃です。

寒い日は、0℃近くまで冷え込むこともあります。

日は、少しずつ短くなってきています。日没後、急に暗くなりますので遅くとも

15時には小屋に到着できるように心がけてください。
【登山道状況】

登山道は問題なく通行できます。

落ち葉で浮石が見えない事もありますので、注意してください。

 【装備】

帽子、手袋、防寒着、雨具、携帯電話と予備バッテリー等

防寒着は、天候に合わせて寒い時はフリース、ダウンをお持ちください。

特にテント泊の方は、シュラフは3シーズン用ではなく冬用がオススメです。

防寒着はしっかりご用意してください。

 (東京などとは、標高差で15~16℃程の温度差があります)

【登山口駐車場について】

この時期、雨が降った後は、地元きのこ採り人の車が林道に駐車している可能性があります。

自家用車でお越しの際は、すれ違いにご注意ください。

また駐車される際は、他の登山者の車及び緊急車両の妨げにならないようにお願いします。

10/3(土)『紅葉と地酒祭り ギターとオカリナと歌声の夕べ』のご案内

オーレン小屋秋の名物イベント♪

10/3(土)『紅葉と地酒祭り ギターとオカリナと歌声の夕べ』を開催いたします。

当日は、宿泊者に限らず、小屋の前で甘酒の振る舞いを行います。(数に限りがあり)

夜は、秋の旬のキノコを使った天ぷらや馬煮などの郷土料理に舌鼓しながら、地酒の飲み、そして音楽を楽しむ、イベントです。

今年の地酒は、地元諏訪の9蔵の酒蔵からおすすめの純米酒をお出しします。

(真澄、舞姫、高天、麗人、横笛、ダイヤ菊、本金、御湖鶴、神渡のどれが出るかは

当日のお楽しみにしてください。)

地元しか流通しないお酒もあります。

他にも常連さん、元スタッフ持ち込みの全国の地酒もたくさんあります。

只今、個室、大部屋共にご予約満室に近い状況です。

詳しくはお問合せ下さい。

10月3日(土)紅葉と地酒祭り【直前情報】

2015地酒祭用ラインナップ.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像10月は新米で新酒が造られ始め、春先に造られたお酒が熟成して飲み頃となる「秋あがり」の時期。日本酒が美味しい季節の到来です。

今週末の『紅葉と地酒祭り~オカリナとギターと歌声の夕べ』では、諏訪の秋限定純米酒等や全国の地酒、キノコを使った郷土料理等をご用意しています。

また、ギターと歌声を橋本良春さん、ピアノ、オカリナを酒井和恵さんに演奏していただきます。皆さんのお越しをお待ちしています!

ご予約状況:満室に近い状況ですが、あと数組だけご予約できます(大部屋のみ)詳しくはお問合せ下さい。TEL:0266-72-1279(8時~20時)

※当日は、宿泊者に関係なく、オーレン小屋前で甘酒の振る舞いを行います(無料)寒い季節に「ほっ」と体を温めて下さい。(無くなり次第終了)

 

八ヶ岳登山道情報9/14(月)初霜あり、暖かい装備を!

八ヶ岳登山道情報 9月14日(月)

天候・・・晴れ

最低気温・・・0.6℃ 最高気温・・・15℃

9月16日の最低気温4.2℃

9月17日の最低気温7.3℃

【季節の変化】

小屋前のテラスのテーブルの上が霜で白くなりました。

これからの季節、標高2,000m以上は、早朝など冷えれば、0℃近くになることがあり、

朝晩と日中の寒暖差が大きいです。

日は、少しずつ短くなってきています。

日没後、急に暗くなりますので遅くとも15時には小屋に到着できるように心がけてください。

稜線の花は、ほぼ終わりました。小屋周辺では、ナナカマドが赤い実をつけています。

紅葉は例年では、9/下旬から始まります。

【登山道状況】

登山道は問題なく通行できます。

雨が降った後は、木の根、木橋等滑りやすいので注意してください。

【装備】

帽子、手袋、防寒着、雨具、携帯電話と予備バッテリー等

防寒着は、天候に合わせて寒い時はフリース、ダウンをお持ちください。

特にテント泊の方は、温かいシュラフ、防寒着はしっかりご用意してください。

(東京などとは、標高差で15~16℃程の温度差があります)

【登山口駐車場について】

連休は林道や駐車場がかなり混み合います。

自家用車でお越しの際は、すれ違いにご注意ください。

また駐車される際は、他の登山者の車及び緊急車両の妨げにならないようにお願いします。

八ヶ岳登山道情報9/1(火)寒い日は薪ストーブが心地良いです。

八ヶ岳登山道情報 9月1日(火)

天候・・・雨のち曇り

最低気温・・・8.5℃ 最高気温・・・18.5℃

【季節の変化】

登山道脇にはさまざまなキノコ類が見られ、初秋らしさを見せています。

周辺ではアキノキリンソウ、ヤマハハコ、ミソガワソウ、アザミ、トリカブト等が咲いています。

【登山道状況】

登山道は問題なく通行できます。

雨が降った後は、木の根、木橋等滑りやすいので注意してください。

【装備】

これからの季節は、朝晩と日中の寒暖差が大きいのでフリースなど防寒着をお持ちください。

特にテント泊の方は、温かいシュラフ、防寒着はしっかりご用意してください。

(東京などとは、標高差で15~16℃程の温度差があります)

【登山口駐車場について】

連休は林道や駐車場がかなり混み合います。

自家用車でお越しの際は、すれ違いにご注意ください。また駐車される際は、他の登山者の車及び緊急車両の妨げにならないようにお願いします。

  • Page 1 of 1
  • 1
ページ先頭へ