八ヶ岳だより

八ヶ岳だより

八ヶ岳「桜平登山口駐車場」が新しく、広く、快適にご利用できます!

桜平登山口駐車場が新しくなりました!

桜平ゲート(登山口)周辺に3か所、最大150台駐車できます。

桜平駐車場(上)(20台 既存)ゲートまで300m 特徴:ゲートに近い。早朝入山者向け。

桜平駐車場(中)(60台 新設)ゲートまで600m 特徴:ゲートに近い。広いメイン駐車場。

桜平駐車場(下) (70台 新設)ゲートまで3.5km  特徴:週末の緊急用。

※上部の駐車場(上)、(中)が満車の時に利用してください。桜平ゲートまで約1時間30分かかります。

桜平ゲートまでの林道歩きもおすすめです。春は新緑、夏は草木の花、秋は紅葉を楽しむ事ができます。


詳しくは下記をご覧ください。(位置図、写真、平面図付き)

桜平登山口周辺駐車場位置図.PDF

八ヶ岳オーレン小屋メールNEWS 2017年2月号(メルマガ)配信しました。

下記の内容で配信しました。

 

【目次】

NO2017429日(土)からのご予約受付を開始しました!

NO2 今年のイベントのお知らせ

NO3 桜平登山口駐車場が新しく!広く!快適にご利用できます!

NO4 今日の山おやじの酒(諏訪五蔵 春の呑みあるきイベントのご紹介)

NO5 編集後記 「通年営業」

   

これより先は、ご登録いただいた会員様のみの内容になります。

 

※オーレン小屋のメルマガは会員登録は無料です。シーズン中は1ヶ月に1回程度の配信になります。

会員様のみの先行情報やお得な情報、個室の空き状況のお知らせも定期的に行っていますので

お気軽にご登録ください。

  

ご予約フォームメンテナンスのお知らせ(3/19~3/23)

3月19日(日)~3月23日(木)までご予約フォームのメンテナンスを行います。

それにつき、上記期間はメールでのご予約、お問合せの返答ができません。

3月24日(金)以降になります。

お急ぎの方は、オーレン小屋事務所TEL:0266-72-1279まで

ご連絡ください。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。

4月29日(土)からのご予約受付を開始しました!

お待たせしました!

本日より、2017年4月29日(土)からのご予約受付を開始いたします。

イベント日、連休、週末等特定日はお早めにどうぞ。

 

※本年度より、燃料高騰につき宿泊料金が変更になります。

1泊2食付き:9,500円(税込) 1泊素泊り6,000円(税込)

その他の料金体系は後日ご案内いたします。

それまで詳しくはお問合せください。

謹賀新年 明けましておめでとうございます!

皆様のご健康とご多幸を心からお祈りいたします

本年もよろしくお願い申し上げます。

平成二十九年 元旦


2017年年賀状1.jpgのサムネイル画像

 

八ヶ岳星空情報(10月)『満天の星空を見に来ませんか』

星空.jpg

<主な天文現象>

10月1日・・・新月●

10月4日・・・細い月と金星が並ぶ

10月16日・・・満月〇

10月21日・・・オリオン座流星群が極大

10月31日・・・新月●


(参考:アストロアーツ)

 

<オーレン小屋の星空観察ポイント>

※小屋前は外灯があるので星空は見えません。

オススメは外灯が当たらない小屋前のテント場です。(小屋から徒歩15秒です)

 

■持ち物:ヘッドライト(できれば赤色のライト)、防寒着(フリース、ダウンなど)

あればシート、双眼鏡、星座早見盤

※小屋では数に限りがありますが、双眼鏡、星座早見盤、星空観察用ヘッドライトの無料貸出あり。

 

■注意、マナー

1.テント場はテント泊の方がいますので、大きな声を出さないでください。

2.ヘッドライトは手持ちで足元だけ照らす。決して夜空に向けない、人に向けない、テントに向けない。

3.暗闇ではヘッドライトを消して目が慣れるまで静かにして待つ。

※テント場のスノコが空いていれば、その上で寝転がって星空を見るのが良いです。

 

■星空撮影のカメラマンへ

昼間、明るいうちにテント場の地形を確認しておくと良いです。

他にもベストポジションがありますので、詳しくはスタッフまでお声かけください。

(週末、混雑した時に良いです)

 

■ファミリー登山者へ

お子様はサンダルより登山靴をお勧めします。また暗闇では目がみえません。

必ず手をつないで安全に楽しく星空を見ましょう。

 

■最後に、星空や雲は移動します。その時がダメでも、時間を替えてみると素晴らしい星空に出会える事が

あります。早朝、おひさまが上がる前などAM3時頃
  

八ヶ岳桜平登山口の駐車場整備のお知らせ

9月20日~11月下旬まで桜平登山口の駐車場整備を行います。

(来春利用可能予定)

ご不便をおかけするかもしれませんが安全第一で行います。

ご理解の程、よろしくお願い致します。(施工は茅野市が管理しています)

※尚、現状の駐車場は通常通り使用できます。

 

~旅行会社、バス運行会社様にお願い~

※唐沢鉱泉・桜平分岐から桜平駐車場まで、大型、中型、小型バスは通行をご遠慮ください。

桜平駐車場までの林道は、砂利道で道幅も狭く、Uターンできる場所も限られています。

対向車とすれ違いが出来る車除けはいくつもありますが、それでも普通車のみです。

週末、連休時は特に車が多く、混雑しています。

誤って進入した場合、大渋滞を引き起こします。

又、緊急車両の妨げにも繋がりますので、どうかご配慮の程、よろしくお願い致します。

 

※オーレン小屋に宿泊のツアーの場合は、唐沢鉱泉・桜平分岐間の送迎を行います。

当小屋に宿泊でなく又日帰りの場合は、分岐で下車し、徒歩で入山するか、地元タクシーを

ご利用ください。


八ヶ岳桜平登山口の知って得する週末・連休時の駐車の仕方

近年、桜平登山口が人気の理由は・・・

1.八ヶ岳の中で一番稜線に近く、駐車場無料、駐車台数80台 、オーレン小屋まで約80分。

2.八ヶ岳初心者登山に人気の硫黄岳・天狗岳・根石岳・箕冠山・夏沢峠登山の最短登山口。

オーレン小屋で荷物を軽くしての楽々周遊登山が人気です。(1日目も2日目も身軽な装備)

3.高山植物の宝庫硫黄岳・横岳の最短登山口。オーレン小屋に宿泊して赤岳へ行く人も多い。

 

週末・連休は山だけでなく、駐車場も混雑が予想されます!

知って得する週末・連休の桜平駐車場利用者の為の攻略方法をお教えします!

 

Q 先ず、混雑を避けて駐車するにはどうすれば良いか?

A なるべく早めに駐車場に行く!これしかありません。(山は早出早着が基本)

実際の話、何時から混みだすのかわかりませんが、2014年の参考台数を記載します。

グリーンシーズン:5月GW~11月上旬の駐車場状況

・オンシーズン(6月~10月中旬)の天気が良い週末でAM7時~8時頃には6~7割位の台数

・オフシーズン(上記期間以外)の天気が良い週末でAM7時~8時頃には5割位の台数

・連休時又は開山祭前夜の天気が良い週末(6月・7月・9月・10月)AM7時~8時頃には7~8割位の台数

・天気が良い平日AM7時~8時頃には3割前後(高山植物、紅葉の時期は多いが平日は大分余裕が有り)

早くに行っても、混雑していたよという方には次の事をお教えいたします。

これを知っていると知らないでは大きな開きがある重要な点です。

それは桜平登山口に近づくと、片側縦列で下向きに駐車している車が見えてきます。

この状態を見つけたら先に進まずに、その近くの空き地を探して駐車してください。

下向きに駐車しているのは、桜平駐車場のゲート(登山口)まで行って駐車スペースが無くUターンしてきた車です。

それを知らずにどんどん進んで行くと、どこかでUターンしてきた車とすれ違わないといけません。

ゲートに近づけば近づくほど車が混雑しています。うまくUターン場所まで行っても、またすれ違いの車が来ます。

そして、やっとのことで先ほどの場所まで戻ってきてもその場所が空いている補償はありません。

さらに下に駐車することになるので、駐車スペースを探すだけでも30分以上ロスしてしまいます。

登山なんで、少し歩いても良いという余裕の覚悟で、駐車しやすいスペースを確保するのがベストです!ドライバーの方はその方が安心して登山を楽しむ事ができます。

※無理なスペースに駐車しようと思わないでください。

一見得した気持ちになりますが、それはとてもリスクのある事です。

緊急車両の妨げになる可能性もあります。

また他の車に当て逃げされる可能性もあります。(先週そういう事がありました)

日帰りだから、すでに駐車している車の前に駐車する。(今年、レッカー移動してました)

緊急車両の通行の妨げ、他の車の迷惑になる駐車は避けてください。


ドライバーのみなさんにもう一つアドバスです。

前日は、早めに寝ましょう。途中、休憩を取りましょう。

他にも桜平までの林道についてのアドバイスを

下記に記してあります。参考にしてください。

オーレン小屋Q&A


メルマガ 八ヶ岳オーレン小屋メールNEWS 2016年9月号配信

 

メルマガ会員(無料)になりますとお得な情報を定期的にいち早くお知らせいたします。
     

【目次】

 

NO1 秋山 子連れで楽しむ宿泊応援プラン キッズプロジェクト&登頂証明書発行

 

NO2 イベント 10月1日(土)紅葉と地酒祭りのご案内

 

NO3 JR茅野駅からの無料送迎(行きのみ)サービス

 

NO4 ビクセン双眼鏡&星空早見盤、星空観察専用ヘッドライトの貸出サービス

 

NO5 今日の山おやじの酒(下諏訪の地酒 御湖鶴の純米あお)

 

NO6 山麓の美味しいお店紹介(原村GREEN EGG)

 

NO7 山小屋からのお願い(登山靴、雨具の取違いについて)

 

NO8 編集後記 ミクロの世界

   

八ヶ岳オーレン小屋メルマガをご希望の方は、ホームページより直接お申込み下さい。

 

最近の配信状況:

36号配信2016-02-15

37号配信2016-04-20  

38号配信2016-07-12 

2016年8月号(名称変更)配信2016-08-04

2016年9月号 配信2016-09-05

 

 

  

八ヶ岳星空情報(8月)『夏休み 満天の星空、天の川を見よう!』

星空1.jpgのサムネイル画像写真:オーレン小屋前 満天の星空と天の川(2016年7月30日 21時)

 

<天文現象>

8月・・・火星とアンタレスが大接近

8月12日・・・月と土星が接近、ペルセウス座流星群が極大

※ペルセウス座流星群は8月12日深夜~13日未明 北東の空を中心に、全天あちこちに流れ星が飛びます。

安全やマナーに気を付けて、ぜひ夜空を見上げてみましょう。

8月18日・・・満月

8月下旬・・・金星と木星が大接近

 

<オーレン小屋の星空観察ポイント>

※小屋前は外灯があるので星空は見えません。

オススメは外灯が当たらない小屋前のテント場です。(小屋から徒歩15秒です)

 

■持ち物:ヘッドライト(できれば赤色のライト)、防寒着(フリース、ダウンなど)

あればシート、双眼鏡、星座早見盤

※小屋では数に限りがありますが、双眼鏡、星座早見盤、星空観察用ヘッドライトの無料貸出あり。

 

■注意、マナー

1.テント場はテント泊の方がいますので、大きな声を出さないでください。

2.ヘッドライトは手持ちで足元だけ照らす。決して夜空に向けない、人に向けない、テントに向けない。

3.暗闇ではヘッドライトを消して目が慣れるまで静かにして待つ。

※テント場のスノコが空いていれば、その上で寝転がって星空を見るのが良いです。

 

■星空撮影のカメラマンへ

昼間、明るいうちにテント場の地形を確認しておくと良いです。

他にもベストポジションがありますので、詳しくはスタッフまでお声かけください。

(週末、混雑した時に良いです)

 

■ファミリー登山者へ

お子様はサンダルより登山靴をお勧めします。また暗闇では目がみえません。安全に楽しく星空を見てください。

 

■最後に、星空や雲は移動します。その時がダメでも、時間を替えてみると素晴らしい星空に出会える事が

あります。早朝、おひさまが上がる前などAM3時頃




ページ先頭へ